作品概要

憂愁》は、画家のエドヴァルド・ムンクによって制作された作品。制作年は1891年から1891年で、ボザール美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《憂愁》(別名:メランコリー)は、エドヴァルド・ムンクの最初の象徴派の作品の一つ、そして最初のノルウェー象徴派の作品の一つとして考えられている。絵画として、または版画として何度も用いられたこのモチーフは、彼の友人で批評家のジャック・ニールセンの失恋の時の絶望にインスピレーションを受けて制作された。人物の後ろに広がる背景は、全く写実的に描かれていない。人物の左側前景に見える奇怪な形は、もはや岩として原型を留めていない。

この薄暗く曲がりくねった海の風景は、憂愁溢れる人物の魂の状態を反映している。色使いは大胆で、気ままさに満ちており、くっきりと仕切られた一色塗りで仕上がっている。形は単純化され図案化されており、曲がった大きな線によって支配されている。

「象徴派とは、実物が見る者の魂の状態によって形を変えたものである」とムンクは書き残している。ムンクが惹かれたのは、目に見えるヴィジョンではなく、魂の状態によって見えるヴィジョンだった。ムンクによって”生の狭間”の中で扱われた憂愁、不安、病、死などのテーマは、1890年台の主要作品に分類され、「叫び」、「The Kiss」、「吸血鬼」、「マドンナ」の作品の中に見ることができる。

同じモチーフが取り憑かれたように絵画の中に再三用いられ、1896年からは版画の中にも登場し、その中では不安或いは喜び、熱狂、絶望が表現されている。ムンクは、「人の生を表すフレスコ画は、生の概観を表現しなければならない首尾一貫した絵画の一連でなければならないと従来考えられてきた。全てのフレスコ画は、砕け散る波と日々変化し続ける海を渡っている – 様々な生の形が大きな木の下に、不安や喜びとともに広がっている。私はこのフレスコ画から、生と愛と死のポエムを感じることができる。この水辺と木々のある絵 – ここでは同じ色が何度も出てくる – 夏の夜との調和、木々と海が垂直にまたは平行に線を描いて、キャンバス全体に何度も登場し、水辺と人物は人生に心ゆくままに音色を付け、キャンバス全体に広がる力強い色は同じ調子で全体にこだましている…」と自ら語っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドヴァルド・ムンク
  • 作品名憂愁
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1891年 - 1891年
  • 製作国不明
  • 所蔵ボザール美術館 (ノルウェー)
  • 種類油彩
  • 高さ72cm
  • 横幅98cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 憂愁の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。