作品概要

》は、画家のエドヴァルド・ムンクによって制作された作品。制作年は1893年から1893年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《嵐》は1893年に制作された。主に1890年代に制作された作品(「叫び」「接吻」「吸血鬼」「マドンナ」「灰」など)は「生命のフリーズ」と称され、作品の主題は「愛」と「死」、愛と死がもたらす「不安」である。「生命のフリーズ」は、オースゴールストラン(ノルウェー)の曲線を描く海岸線や特徴的な風景にインスパイアされたといわれる。作品では、激しい嵐に見舞われたアスガードストランド海岸(ノルウェー東部)が描かれている。当時、ムンクは頻繁にアスガードストランド海岸にて夏を過ご

していた。作品の主題は、集団から切り離され、孤立した個人である。ムンクは、自然災害である嵐に内的動揺を重ね合わせている。写実主義・自然主義的な描写であり、ムンクは現実をありのままに捉えて描いている。木は強風に激しく揺さぶられ、木の上には筋状の雲が広がっている。木の後ろには、灯りをともした建物がある。

ムンクは、多数の作品において、恐怖の対象として同様の建物を描いている。白いワンピースを着た女性は、強風で金色の髪がたなびいている。女性は一人で岩道を下り、海へと向かっている。抽象的な描写、緩やかな曲線、独特の世界観により、金色の髪の女性は幻影のように見える。また、白いワンピースを着た女性、女性の後方にいる数名の女性達は、嵐によりゴウゴウと唸る風音や荒れた海の音が聞こえないように耳を塞いでいる。現在、「嵐」はニューヨーク近代美術館(アメリカ・ニューヨーク州)にて展示されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドヴァルド・ムンク
  • 作品名
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1893年 - 1893年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ91.8cm
  • 横幅130.8cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 嵐の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。