作品概要

ダンスⅡ》は、画家のアンリ・マティスによって制作された作品。制作年は1909年から1910年で、エルミタージュ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ダンスⅠ》の後、1910年に制作された《ダンスⅡ》は、1909年ロシアの芸術コレクターのセルゲイ・シチューキン氏からの依頼で制作された装飾パネル作品である。

モスクワにあるシチューキンのマンションの階段を飾るため3つの装飾絵画が依頼された。その3作品とは、《ダンスⅠ》と《ダンスⅡ》、もう1つは《音楽》だ。大きさは260cm×391cmで、《ダンスⅠ》とほぼ同じ大きさである。本作は1917年のロシア革命が勃発するまでは《音楽》と共にあったが、現在はロシア・サンクトペテルブルク・エルミタージュ美術館が所蔵している。

5人のダンスをする人物は赤色で力強く描かれ、対照的に背景はシンプルな緑とスカイブルーで描かれている。当時マティスはプリミティブ・アートから影響を受け、芸術における初期衝動を反映した作品で、古典的なフォービスムスタイルが採用された。涼やかな青と緑の背景の上に、対照的な激しい暖かい色と、リズミカルにダンスをするヌードいう構図は、抑圧された感情の解放や快楽主義を感じさせる。

本作はロシアの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーのミュージカル『春の祭典』に現れる「少女のダンス」との関連が指摘される。手を繋いで輪になって踊っている人々をよく見ると、手前の二人の手が離れている。

その意図は明らかではないが、鑑賞者をこのサークルに参加させようと誘う効果であるいう解釈や、「決断」や「覚悟」といった緊張感を表現しているとされることもある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・マティス
  • 作品名ダンスⅡ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1909年 - 1910年
  • 製作国フランス
  • 所蔵エルミタージュ美術館 (ロシア)
  • 種類カンヴァス、油彩
  • 高さ260cm
  • 横幅391cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ダンスⅡの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。