作品概要

ガスパール・デ・グズマンまたの名、オリバーレス伯爵》は、画家のディエゴ・ベラスケスによって描かれた作品。制作年は1634年から1634年で、プラド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「ガスパール・デ・グズマンまたの名、オリバーレス伯爵」はスペインの画家ディエゴ・ベラスケスによって描かれた1636年1月頃の油絵作品だ。1819年以来、マドリッドのプラド美術館にて管理されている。対象になっているフィリップ4世の確固たる権力を描いている。彼は貴族であり影響力のある政治家であり、オリバーレス伯爵としても知られていた。

この絵画は例外的で、普段のベラスケスが描く作品よりもデザインや色合いはより刺激的で尊大であった。オリバーレスは乗馬の姿を描かれており、それは君主の為の尊意表している。現在の総理府に相当する権力を持っていた。

この絵画はベラスケスがブエンレチロ宮殿のホールの為に描いた乗馬と似ているが、このシリーズでは無い。日付までは分からないが、1638年辺りのオンダリビアの戦いの後におそらく描かれた。オリバーレスのおかげで軍事的勝利を収めたとされているが、彼は個人的には関係が無かった。この絵画は王室のコレクションには入らず、プラド美術館の前任者が100年後まで保管していた。

このオリバーレス伯爵の容姿から、彼の偉業を確認することができる。低い所からの描写で、彼の胴体はひねっており、よりスレンダーに見えるが実際はもっと大きな体でいくらかずっしりした印象があった。馬は前足を上げていまにも走り出そうとしていて、対角線上に見える丘の戦場へ向かうような仕草である。その描き方はルーベンスを思わせる。

作者は伯爵に特に気を使っていた。なぜなら彼は後に王様になるほどの権力者であり、尚且つ作者の駆け出しの頃によく援助をしてもらっていたのであった。

基本情報・編集情報

  • 画家ディエゴ・ベラスケス
  • 作品名ガスパール・デ・グズマンまたの名、オリバーレス伯爵
  • 制作年1634年-1634年
  • 製作国不明
  • 所蔵プラド美術館 (スペイン)
  • 種類油絵
  • 高さ314cm
  • 横幅239cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ガスパール・デ・グズマンまたの名、オリバーレス伯爵の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。