作品概要

ヴィラ・メディチの庭園の景観》は、画家のディエゴ・ベラスケスによって描かれた作品。制作年は1630年から1630年で、プラド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「ヴィラ・メディチの庭園の景観」はスペインの画家ディエゴ・ベラスケスによって描かれた油絵である。現在はマドリッドのプラド美術館にある。作品はローマにあるヴィラ・メディチの庭園を描いており、何人かの人影が見える。彼らが何をしているか確かではないが、建物の中央に足場のようなものが見えるので、それについて話し合っているのではないかと推測できる。

この作品の製作年についてはいくらか議論がある。学者の間では、ベラスケスの最初のイタリア旅行(1629年-1631年)の期間に作成されたと考えられている。もう一つの案としては、この作品の熟練した描法から彼の二回目のイタリア旅行(1649年-1651年)の期間ではないかとも考えられている。

この作品には、別のバージョンがあるが、これら2つは同じタイトルで、同じような大きさや特徴で描き方もほとんど差異がない。この時代のスペインでは風景画を描くことは珍しく、ほとんどが宗教的絵画や肖像画であった。クロード・ローレンやプッサンの様な、イタリアやフランスのイーゼルを用いた風景画家達とは少し違って、油絵で仕上げた。

こうした革命的な描法は、200年後の印象派画家達に風景画の選択肢を与えた。光の中で見せる面白さや自然との相互関連性、そして彼の描法テクニックも関心を得た。このようにベラスケスは熟練した良き画家としてだけではなく彼の革新的な試みにより、全国的に世界的に他の画家達に革命的な描き方を示した画家であった。

基本情報・編集情報

  • 画家ディエゴ・ベラスケス
  • 作品名ヴィラ・メディチの庭園の景観
  • 制作年1630年-1630年
  • 製作国不明
  • 所蔵プラド美術館 (スペイン)
  • 種類油絵
  • 高さ48.5cm
  • 横幅43cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヴィラ・メディチの庭園の景観の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。