作品概要

三人の音楽家》は、画家のディエゴ・ベラスケスによって描かれた作品。制作年は1618年から1618年で、ベルリン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「三人の音楽家」はスペインのバロック画家デイエゴ・ベラスケスによって描かれた1618年の油絵である。三人の音楽家が夕食のテーブルを囲み、演奏している様子が描かれている。彼は自然主義者としても広く知られていた。この作品では光と影のコントラストを描くキアロスクーロと呼ばれるバロック絵画の技法を使っている。この作品はスペインのセビリアで1622年以前に滞在中の彼が描いた、ボデゴンスタイルの約10作品のうちの初期の作品だ。

ボデゴンは野菜や果物などの静止している物が対象になることが多い。これは他の作品である「農家の昼食」と似ている。三人がテーブルを囲み、姿の周りの光と影のコントラストを強く描いている。光が左から降り注ぐことにより鋭い影と対象物を強く目立たせている。2人が弦楽器を演奏しそのうちの一人が歌っている。一番若手の男が楽器を腕の下に置き、少しあざけるように、そして演奏者を鼓舞するようにグラスワインを持っている。背景には洋梨を手に持った猿が見える。それにより、自然の奇妙さを強調している。

一塊のブレッド、グラスのワイン、一片のチーズとそれに刺さったナイフ。それぞれが作者に異なる対象を描く機会を与えている。この作品は多くの種類の関心が発生している。ジャンルを代表するものなのか。そして作品の背景に隠された積み重なる意味合いがおそらくではあるが存在するだろうと。それにより、この作品は寓話的にも捉えることができる。多くの異なった解釈を持った作品である。

基本情報・編集情報

  • 画家ディエゴ・ベラスケス
  • 作品名三人の音楽家
  • 制作年1618年-1618年
  • 製作国不明
  • 所蔵ベルリン美術館
  • 種類油絵
  • 高さ88cm
  • 横幅111cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 三人の音楽家の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。