作品概要

悔悛するマグダラのマリア》は、画家のエル・グレコによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

場面

悔い改める聖女マグダラのマリアが、荒涼とした原野を背景に、隠者として暮らす姿が描かれている。片側には広々とした風景が開け、反対側の岩山を覆うつたは、悔悛の後に得られるであろう永遠の生命を象徴している。マリアは天を仰ぎ、死後の永遠の生命に思いを馳せている。

マグダラのマリアの表現

どっしりとした衣のひだが、マリアの長く伸びた巻き毛を覆う。聖書にはその紙でイエスの足に落とした自分の涙をぬぐったとある。彼女の右手側にある小さな壺も同じ場面に触れるもので、マリアがイエスの足に塗った香油が入っていた壺を表している。また、同じく右手側には静物として忌み名骸骨が描かれ、この絵を見るものに、自分も死すべき存在であり、悔い改めが必要であることを思い起こさせる。

基本情報・編集情報

  • 画家エル・グレコ
  • 作品名悔悛するマグダラのマリア
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 悔悛するマグダラのマリアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。