作品概要

理性の眠りは怪物を生む》は、画家のフランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた作品。制作年は1797年から1799年。

詳細な画像を見る

《理性の眠りは怪物を生む(スペイン語:El sueno de la razon produce monstruos)》は、スペイン画家そして版画家のフランシスコ・ゴヤによるエッチングである。

時に、この題は誤って「理性の夢は怪物を生む」と訳される。それは、スペイン語の「sueno」は「sleep」と「dream」のどちらもの意味を持つからだ。しかしながら、この翻訳は適切ではない。

本作は、1797年から1799年の間に制作され、「Los Caprichos」の風刺の一連作を作り上げている80のエッチングの第43番目である。ゴヤは、彼の画材の真ん中で眠っている彼自身をイメージしている。彼の理性は無気力状態でぼんやりとし、暗闇の中でさまよう者どもにより酷く苦しめられているのだ。この作品は、愚かさのシンボルであろうフクロウ達と無知を象徴するこうもりを一部に含む。画家の悪夢は、スペイン社会への彼の印象を表している。彼はCaprichosの中でスペイン社会を、発狂し腐敗しあざけりの最盛として描写した。

CaprichosのNo.43の全題名は、「理性によって見捨てられたファンタジーは信じがたい怪物を生む、彼女(理性)と一体になった、彼女(ファンタジー)はアーティスト達の母であり彼らの驚嘆の源である」。

基本情報・編集情報

  • 画家フランシスコ・デ・ゴヤ
  • 作品名理性の眠りは怪物を生む
  • 制作年1797年-1799年
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類エッチング・アクアチント・ドライポイント
  • 高さ21.5cm
  • 横幅15cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 理性の眠りは怪物を生むの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。