作品概要

吹雪》は、画家のウィリアム・ターナーによって描かれた作品。制作年は1842年から1842年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

「吹雪」または、「吹雪:港から流された汽船」は、タイトルをすべて訳すと「吹雪:港から流された汽船が浅瀬に信号を送り、誘導信号に従おうとする様子。画家はアリエルの左はリッジにて、この夜の嵐の中にあった。」となる。本作は、1842年にウィリアム・ターナーによって発表された作品である。

本作に対する批判は多々あったが、特に初期の批評には批判的な内容が多かった。しかし、1843年にイギリスの芸術批評家でヴィクトリア時代の有名な評論家であったのジョン・ラスキンは「(この作品は)海の波の動き、波しぶき、海面に反射する光を、これまでにないほどキャンバス上で表現した作品である。」と評した。

ターナーは、「石鹸の泡とホワイトウォッシュ」と繰り返された批判に傷ついていたと伝えられており、「この画のどの部分を見てそのように言っているのだろうか?海がそのように見えるのか?絵の中の世界に入って、見てみて貰えればいいのに。」と言っていたそうである。

ラスキンは重ねて、「天才の才能が無視されることは、たびたび起こりうる事である。」ともコメントしている。近年になり、アレクサンドラ・ウェットローファーは、この作品を「ターナーの最も著名な作品であり、最も描写的で素晴らしい作品である。」と評している。

ターナーは、自然と、蒸気機関のような最新機械の相加関係を表した作品を、1830年以降の10年で最低でも5作品制作している。ターナーのキャリアを通して、彼は都市、工業製品、列車、蒸気機関といった文明の利器を自身の作品の中に組み込んでいる。

汽船「アリエル」は1821年~1822年に製造されて後、改名前は「アロウ」と呼ばれていた。して、1837年に改名して、1846年までドーバーパケットとして使用された。

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・ターナー
  • 作品名吹雪
  • 制作年1842年-1842年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ91cm
  • 横幅122cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 吹雪の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。