作品概要

ドルトまたはドルトレヒト》は、画家のウィリアム・ターナーによって描かれた作品。制作年は1818年から1818年で、エール大学英国美術館(ポール・メロン夫妻コレクション)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ウィリアム・ターナーによる、「ドルトまたはドルトレヒト:停泊したロッテルダムからの出発を待つ郵便船(または、風を待つ郵便船)」は1818年に発表された油彩で、1817年の9月半ばに彼自身がスケッチした風景を元に描かれた。

この絵は、ドルトレヒトの港の風景を移しており、ターナーによるドイツの港の風景を描いた最初の作品であると言われる。

本作品は、ロイヤル・アカデミーで発表されるやいなや、アカデミー内で高い評価を受けたことはもちろん、新聞・モーニング・クロニクルにて「これまで発表された絵画作品の中で、最も素晴らしい作品であり、時代の宝である。」と評された。

1832年にはジョン・コンスターブルがこのように書いている。「私はターナーの初期の作品のほとんどを記憶していると自負しているが、それらの中で最も美しい作品は、運河に沢山の船が浮かんで、幾千もの美しい形をした船(やそのほかの構造、風景)が描かれた作品である。私は、その作品は、自分が見た中で最も美しく、最も完成された作品だと思っている。」

こうした評価は、緻密な船の描写に加え、ターナーが得意とした空の描写や水面の描写の美しさに由来するだろう。この作品は、ウォールター・フォルクスによって購入された。購入動機は、息子にねだられたことで、500ギニー金貨の値段が付いたと言われている。

さらにその後、画がかけられていた部屋がポール・メロン夫妻に購入されたのが1966年である。その後、本作品はイェール大学の英国美術品センターに飾られることとなった。

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・ターナー
  • 作品名ドルトまたはドルトレヒト
  • 制作年1818年-1818年
  • 製作国イギリス・ドイツ
  • 所蔵エール大学英国美術館(ポール・メロン夫妻コレクション) (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ157.5cm
  • 横幅233.7cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ドルトまたはドルトレヒトの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。