作品概要

森の礼拝》は、画家のフィリッポ・リッピによって制作された作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

「森の礼拝」はカルメル会修道会の修道士であったフラ・フィリップ・リッポによって1459年以前に描かれた。その絵は聖母マリアが描かれ、そして生まれたばかりのキリストが暗くて木でごつごつした場所に横たわり、中央からキリストに向かって金色の光が降りそそいでいる。

絵には羊飼い、王、雄牛、ロバがいなく、ヨセフさえもいない。リッポは一般的に描写されているであろう構成要素をすべて省いてしまい、ミステリー的に創造して描いている。ルネサンスという革新的な芸術の潮流の中伝統と革新が融合した世界観だったことを意味している。

この絵はルネサンス期のフィレンツェで最も裕福な男の一人であった銀行家のコジモ・デ・メディチの為に描かれた。リッポはコジモ・デ・メディチ家によって支援され、そして彼の絵はフィレンツェでは人気であった。

絵自体の事柄ではないが、この絵を含め不遇の歴史を持っている絵画はたくさんある。それはヒトラーが第二次世界大戦の終末期において絵画を隠すように命令し、そしてそれらは小さな町の地下深くに隠匿された事である。

リッポの絵も同様に金および宝石類のそばに収納されていた。アメリカ陸軍ではそれらを探す事を作戦の一つとしていた。(しかし、知られている限りにおいてこの作戦は第二次世界大戦を通じてアメリカ軍将兵の中では命令違反であった。)現在この絵は再びベルリン美術館に所蔵されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フィリッポ・リッピ
  • 作品名森の礼拝
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 森の礼拝の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。