作品概要

司教の座の聖母子》は、画家のフィリッポ・リッピによって制作された作品。制作年は1437年から1437年で、アンティカ国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『司教の座の聖母子』はイタリアのルネッサンス画家、フラ・フィリッポ・リッピの作品である。現在、ローマのアンティカ国立美術館に所蔵されている。この絵はた、ローマカトリック軍の指揮者でフローレンスの大司教でもあった、ジオバンニ・ヴィテレスチによって制作を依頼された。

この絵は、おそらく、彼の故郷のコルネト(現在のタルキニア)の官邸に置かれるはずであった。この絵の中心には、聖母の顔があり、彼女はキリストを愛おし気にその腕に抱いている。

この絵の重厚感は、当時の画家であるマサッチオによって生み出され、リッピがフランドル派の師より学んだ細かな風景描写と光の効果の融合にある。例えば、この絵においては、絵の左後ろに描かれている窓の中に広がった風景が細かく描かれており、部屋の中には光に満ちたものがあふれている。この技法は、後の彼の作品にもよく見ることができる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フィリッポ・リッピ
  • 作品名司教の座の聖母子
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1437年 - 1437年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵アンティカ国立美術館 (イタリア)
  • 種類パネル、テンペラ
  • 高さ114cm
  • 横幅65cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 司教の座の聖母子の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。