作品概要

アハ・オエ・フェイイ(妬いてるの?)》は、画家のポール・ゴーギャンによって制作された作品。制作年は1892年から1892年で、プーシキン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『アハ・オエ・フェイイ(妬いてるの?)』はフランスの画家ポール・ゴーギャンが1892年にて創作した油絵である。現在、この作品はロシアモスクワのプーシキン美術館にて所蔵されている。『アハ・オエ・フェイイ(妬いてるの?)』はゴーギャンがポリネシアに滞在していた時期に描かれた作品であり、彼が生活していた場所の環境を正確に再現している。ゴーギャンは絵を使ってポリネシアに関する真実の状況を観客に伝えようとしていた。

この作品には二人の女性が海岸沿いにあるピンク色の砂場にて休憩している光景が描かれている。砂場の左側にある海には様々な色が塗られており、ゴーギャンは海上にある太陽光の反射や輝きを灰色、オレンジ、黄土色、そして黒のパッチ達によって表現している。

絵に描かれている二人の女性の内一人は砂場に座っており、もう一人は横たわる姿勢を取っている。この二人を同時に影の下に隠すことによって、ゴーギャンは瞬時的に明らかなコントラストを図上にて作る事ができた。この手法によって作られたコンスタントは彼女らの体を観察する事で確認できる。彼女らの体の約半分は濃い色で描かれており、もう半分は比較的に薄く透明的な色で塗られている。

ゴーギャンは二人の表情と彼女達の茶色い体で作品に官能的な雰囲気を与えているが、人物の周囲にある自然なる風景は人造物のように描かれている。これは反自然主義の観点で現実を捉え、作品として表現した結果である。『アハ・オエ・フェイイ(妬いてるの?)』に描かれている女性たちの美しさは本当のものではなく、ある一種の精神状態である。ゴーギャンは色を介在することによって、観客が絵を主観的に感じ取る事をできるように描いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名アハ・オエ・フェイイ(妬いてるの?)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1892年 - 1892年
  • 製作国フランス
  • 所蔵プーシキン美術館 (ロシア)
  • 種類油彩
  • 高さ68cm
  • 横幅92cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • アハ・オエ・フェイイ(妬いてるの?)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。