作品概要

ブルターニュの農婦たち》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1894年から1894年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ブルターニュの農婦たち』はフランスの画家ポール・ゴーギャンが1894年に創作した油絵作品である。この作品は現在フランス・パリにあるオルセー美術館にて所蔵されている。

タヒチ島の旅からポンアヴェンへと帰ってきたゴーギャンは再び以前創作のテーマとして常用していた農村の風景を描き出した。しかし、ゴーギャンが再度描き出したブルターニュの景色にはポリネシアの風習から受けた影響が残っていた。

『ブルターニュの農婦たち』に登場する人物は皆、ゴーギャンが描いたタヒチ島の裸女たちを連想させるような頑丈なシルエットで描かれている。他にも大きな手と足や目立つ頬骨など、似たような描写が多数ある。立ち話をしている農婦達の後ろには収穫時の小麦畑が広がっており、とある農夫が腰を下ろし畑作業に集中している。

『ブルターニュの農婦たち』にて、農婦達の背後にある葉を除くすべての描写体にはゴーギャンの特徴的な黒い線が描かれている。また、作品上の光を表現するため、色彩は小刻みなタッチを重ねることによって塗られている。このような手法は作品に描かれている物体に素材感を与えることができ、例えば農婦が身につけているエプロンの質感などを表現している。

単純化され、具体的に描かれていない物体たちはお互いに混じり合い、空間の構造を作り出している。ゴーギャンはハーフトーンの使用を諦め、黄色、赤、緑や青などの鮮明な色を使い風景に印象を与え、絵の全体が陳腐になる事を避けていた。

基本情報・編集情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名ブルターニュの農婦たち
  • 制作年1894年-1894年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩
  • 高さ66cm
  • 横幅93cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ブルターニュの農婦たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。