作品概要

四人のブルターニュの女の踊り(雑談をするブルターニュの女達)》は、画家のポール・ゴーギャンによって制作された作品。制作年は1886年から1886年で、ノイエ・ピナコテークに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『四人のブルターニュの女の踊り(雑談をするブルターニュの女達)』はフランスの画家ポール・ゴーギャンが1886年、フランスにて創作した油絵作品である。現在この作品はドイツミュンヘンにあるノイエ・ピナコテークにて所蔵されており、バイエルン州絵画コレクションの一枚となっている。ちなみに、『四人のブルターニュの女の踊り』のヴィルデンステインインデックス番号は1964年バージョンでNo.201。そして、2001年バージョンではNo.237に変わっている。

この作品には四人の農婦が描かれており、皆ポン・タヴァン地方の伝統的な衣装と髪飾りを身に着けている。四人の内三人はフェンスのすぐ隣で話し合いをしており、四人目の農婦はフェンス越しに立っている。背景にはもう一人男性が描かれており、その男性はガチョウの放牧をしながら、畑仕事に励んでいる。

四人の農婦が図上に描かれている位置は同じくフランスの画家であるエドガー・ドガが描く四人の踊り子の絵を連想させる。ゴーギャンがこの作品に付けた最初の名前は『ブルターニュ人達』であり、ヴィルデンステインインデックスに収入されたとき、作品名が『四人のブルターニュの女の踊り』へと変わっていた。

しかし、絵に描かれている農婦達がダンスをしているという解釈については異議が存在する。この解釈を成立させるには、農婦達が立っている合間に見えるスペースがフェンスでなく、フロアである事が必要となる。新しく更新された2001年バージョンのヴィルデンステインインデックスにて、この絵の作品名は『雑談をするブルターニュの女達』に更新されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名四人のブルターニュの女の踊り(雑談をするブルターニュの女達)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1886年 - 1886年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ノイエ・ピナコテーク (ドイツ)
  • 種類油彩
  • 高さ139cm
  • 横幅374.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 四人のブルターニュの女の踊り(雑談をするブルターニュの女達)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。