作品概要

こんにちは、ゴーギャンさん》は、画家のポール・ゴーギャンによって制作された作品。制作年は1889年から1889年で、プラハ国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『こんにちは、ゴーギャンさん』はフランスの画家ポール・ゴーギャンが1889年にて作成した油絵作品である。現在、この作品はチェコのプラハにあるプラハ国立美術館にて所蔵されている。

『こんにちは、ゴーギャンさん』はゴーギャンと同じくフランスの画家であるギュスターヴ・クールベが描いた作品『こんにちは、クールベさん』に応じて創作された作品である。1888年の12月、まだヴィンセント・ヴァン・ゴッホと交流があった頃、ゴーギャンは彼と2人でモンペリのファーブル美術館にて『こんにちは、クールベさん』を観賞した。それから何ヶ月後にゴーギャンは自分の作品を描き上げた。出来上がった作品はクールベが描いたものと類似する点は少なく 、ゴーギャンならではのオリジナリティが溢れる作品となった。

『こんにちは、クールベさん』にてクルーべは自分を彷徨うユダヤ人として設定している。そのユダヤ人はモンペリエを目指す途中のパトロンであるブルヤーズと彼を同伴する使用人に出会った。ブルヤーズは自分の帽子を外し、その使用人は尊敬を意味しユダヤ人に向かって頭を下げている。この様な設定を自分に与える事によって、クールベは19世紀における芸術家の地位の上昇を伝えていた。また、自分がブルジョア社会の規範外で働く、本質的に誤解され創造的な天才であると、ロマンチックに解釈する意図も含まれている。

構図と絵のタッチは著しく異なっているが、ゴーギャンもこのような考えを自分の作品で表現しようとしている。 初期に描いた自画像の頃から、ゴーギャンは自分を芸術的殉教者としてキャスティングしている。彼のそのような思想は1889年に描いた 『オリーブの園のキリスト』や『緑のキリスト』のような作品にてクライマックスに到達することでした。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名こんにちは、ゴーギャンさん
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1889年 - 1889年
  • 製作国フランス
  • 所蔵プラハ国立美術館 (チェコ)
  • 種類油彩
  • 高さ113cm
  • 横幅92cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • こんにちは、ゴーギャンさんの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。