作品概要

布教のあとの幻影》は、画家のポール・ゴーギャンによって制作された作品。制作年は1888年から1888年で、スコットランド国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『布教のあとの幻影』はフランスの画家ポール・ゴーギャンが1888年、フランスポンタヴェンのブルターニュにて作成した油絵作品である。この作品は現在イギリスエジンバラのスコットランド国立美術館にて所蔵されている。『布教のあとの幻影』はバイブルに書かれた聖徒ヤコブが天使とレスリングをする一幕が描かれている。ゴーギャンはそのレスリングの光景を第一人者の視点で描くのではなく、女性信徒達が教会の布教を受けた後に見えたビジョンとして描かれている。

1888年頃、ゴーギャンは風景画を創作していたが、『布教のあとの幻影』の創作が完了した後は宗教を主題とした絵画を自己流の解釈で描いていた。この作品の大胆な塗料使いで描かれた形や直線は高く評論されており、ゴーギャンは浮世絵の影響を受け、風景を非自然主義的なアプローチで描いている。彼はフラットなカラーを大面積に塗り、地面を赤く塗った。

赤色は従来土や草原を表現する際使われるカラーとは異なっている。レスリングの傍観者を描く際、ゴーギャンは形状の歪み、誇張された特徴、そしてほとんどの画家が練習した漸進的な色の変化ではなく強い輪郭線を実験的に取り入れた。彼は自然主義から抽象化された特徴的な絵画の様式が可能であることを示している。

ゴーギャンは木の幹を『布教のあとの幻影』の中心に斜めして置くことによって絵を構成している。このように構図を分割することによって、彼はヤコブと女性信徒達の合間に視覚的な分離を置くことができた。この構図上の設定は、絵画の主題を明確にさせるために使用されたのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名布教のあとの幻影
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1888年 - 1888年
  • 製作国フランス
  • 所蔵スコットランド国立美術館 (イギリス)
  • 種類油彩
  • 高さ72.2cm
  • 横幅91cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 布教のあとの幻影の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。