作品概要

ファタタ・テ・ミティ(海辺で)》は、画家のポール・ゴーギャンによって制作された作品。制作年は1892年から1892年で、ナショナル・ギャラリー・オブ・アートに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ファタタ・テ・ミティ(海辺で)』はフランスの画家ポール・ゴーギャンが1892年に作成した油絵作品である。1892年は、ゴーギャンが初めてタヒチ島へ旅立った年であり、この作品その最初の旅の中にて創作された作品である。現在、『ファタタ・テ・ミティ(海辺で)』はアメリカワシントンDCにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートにて所蔵されている。

『ヴァイネ・ノ・テ・ヴィ(マンゴーの女)』と同様に、この作品もダイレクトにタヒチ島の風景を表現している。『ファタタ・テ・ミティ(海辺で)』と『ヴァイネ・ノ・テ・ヴィ(マンゴーの女)』はゴーギャンがタヒチ島に到着した後、当地の竹小屋をスタジオとして利用した直後に作成した作品達である。しかし、ゴーギャンを研究する学者ナンシー・モーリー・マシューズの話によると、どちらの絵もゴーギャンが実際に見た光景ではなく、彼が普通かつ日常的な島の生活をエキゾチックな眺めに変換した結果である。

この作品は、二人の女性が海へと飛び込もうとしている光景を背後から描いている。その他にも、槍を持った漁師が一人背景にいる。この絵画は、フランスの作者であるピエール・ロッティが書いた本、ル・マリエージ・デ・ロティによって有名になったタヒチアンのロマンチックな眺めを反映している。

ロティの本によると、タヒチ島の花嫁が追求するものは「入浴」というとてもシンプルな物であるらしい。『ファタタ・テ・ミティ(海辺で)』でも、二人の女性は裸のまま海へと向かい、周囲にいる漁師に全く気にしない様子で描かれている。また、ゴーギャンはトロピカルな色を使う事によって、官能的な喜びを作品にて表現しようとしている。例えば、彼は本来ぼんやりとした茶色である砂浜をピンクと紫で描いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名ファタタ・テ・ミティ(海辺で)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1892年 - 1892年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー・オブ・アート (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ68cm
  • 横幅92cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ファタタ・テ・ミティ(海辺で)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。