作品概要

タヒチの女(浜辺にて)》は、画家のポール・ゴーギャンによって制作された作品。制作年は1891年から1891年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『タヒチの女(浜辺にて)』はフランスの画家ポール・ゴーギャンが1891年に作成した油絵作品である。絵にはタヒチ島の住民である二名の女性が浜辺にいる姿を描いている。現在この作品はフランス・パリにあるオルセー美術館にて所蔵されている。ゴーギャンはこの作品に似たもう一枚の絵を1892年に創作しているが、その作品はドレスデンのギャレリーノイエマイスターにて保管されている。

1891年はゴーギャンが初めてタヒチ島に向かった年である。その頃、彼はタヒチ島を原始的な楽園であると信じており、タヒチ島で暮らすことによって静かでインスピレーションに満ちた芸術的な生活を手に入れられると考えていた。ゴーギャンが抱えていた金銭的な困難と審美的な懸念、そして、旅への誘いが彼をフランス本土から遠く離れたタヒチ島へと向かわせた。ゴーギャンはお金のために争うヨーロッパから逃げ、最後の自由を手に入れるためタヒチ島へ旅立った。

『タヒチの女(浜辺にて)』はゴーギャンがタヒチ島に滞在していた頃の早期作品である。その頃ゴーギャンは主にタヒチ島の女性住民が日々のタスクを行う姿を描いていた。この作品内に描かれている重量感のある勇ましい人物達は、図面の空間をしっかりと占領し、一連のアラベスクを完璧に作り出す。図上の人物に固いポーズを取らせる事によって、ゴーギャンは作品に神秘的で調和のとれた幾何学を併せ、作品を単なるポートレートよりも一幕のシーンであるように仕上げることができた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名タヒチの女(浜辺にて)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1891年 - 1891年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩
  • 高さ69cm
  • 横幅91cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • タヒチの女(浜辺にて)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。