作品概要

玉座の聖母子と4聖人》は、画家のフラ・アンジェリコによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

祭壇画とは

祭壇画またはアルターピースとは、教会の祭壇飾りのこと。聖書の場面を題材とした絵、もしくはレリーフを、祭壇背後の枠の中に取るつけたものである。祭壇画はしばしば2つ以上のパネルから成り、パネルが2枚ならば二連祭壇画、本作のように三枚ならば三連祭壇画、それ以上ならば多翼祭壇画と呼ばれる。有名なものにはファン・エイク兄弟の『ヘントの祭壇画』などがある。

本作の挑戦

この三連祭壇画を制作するにあたり、フラアンジェリコとその皇后は、物語の流れが滞ることのないように図像を配するだけでなく、統制のとれた順序で一つの画面に収めなければならなかった。こうして生まれた本作は3つの主要な場面が重層的な意味を繰り広げるきらびやかなものとなっている。

基本情報・編集情報

  • 画家フラ・アンジェリコ
  • 作品名玉座の聖母子と4聖人
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 玉座の聖母子と4聖人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。