作品概要

ラヴェルの横顔と静物》は、画家のポール・ゴーギャンによって制作された作品。制作年は1886年から1886年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「ラヴェルの横顔と静物」はフランスの画家ポール・ゴーギャンによる1886年の油彩作品で、インディアナ州インディアナポリスにあるインディアナポリス美術館に所蔵されている。ゴーギャンの友人のシャルル・ラヴェルの横顔と、ゴーギャン自身で作った陶器の壺を含む動きのない物体が描かれている。

この肖像画と静物の組み合わせから、ゴーギャンの彼自身が賞賛しているベストアーティスト・芸術品をうまく取り入れる能力を垣間見ることができる。例えば、ラヴェルの顔が不意に切り取られているのはエドガー・ドガによる中心からそれて不自然に切り取る構成への賛美であるし、静物の配置とフルーツの中の筆を同方向へ向ける描き方はポール・セザンヌの筆方である。

こうした画家たちに加えて、ゴーギャンは自身の製作した陶器の「怪物」を構図に挿入し、ラヴェルが奇妙に吟味している。彼は故意に2人の最も名声のある画家を現代生活と静止した生活の風俗がの中に引用することで、それらが調和するのを拒んでいる。その代わり、ゴーギャンはこれらを分裂させ、つじつますら合わない状態を作ることで、彼の初の試みの作品シリーズとしている。見る人の代理人の役目を果たすラヴェルは、次の動きを予測しようとしている。

歴史的背景

ゴーギャンとラヴェルは1886年の夏に出会い、やがて若いラヴェルはゴーギャンの弟子となった。2人の師弟関係は、ゴーギャンの作った壺をじっとみつめるラヴェルからうかがう事ができる。壺自体は1886年の暮れにこの絵画を成すのに一役買い、その後ゴーギャンはパリへ戻った、何故なら壺は少なくとも10月までに完成しなかったからである。彼はこの陶器の新手法を高く評価し、収入源としても期待していた。彼は、妻のメッテにこの特別な壺は100フランの価値があると書き送っている。現在ではこれはどこにあるか分からず、おそらく破壊されてしまった。

来歴

この作品は、1998年にゴーギャンと彼の「ポン・タヴァングループ」によってそのコレクションに加えられた。スイスの収集家サミュエル・ジョゼフォヴィッツは、17の絵画と84の複製画を集め、その価値は3千万ドルにのぼった。リリー・エンドメント慈善団体は譲与のために2000万ドルを工面した。残りはIMAによって、美術館の保管人ジョゼフォヴィッツ自身によって与えられた未公開の金額で集められた。

ジョゼフォヴィッツはまた、全ての複製画を無料で寄与した。彼は、1950年代から60年代まで、すなわちゴーギャンの功績が最大限に認められた黄金時代より以前に、ポン・タヴァンコレクションを入手していた。この特別な絵画はジェーン・H・フォーチューン画廊にて作品番号1998.167.として収められている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名ラヴェルの横顔と静物
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1886年 - 1886年
  • 製作国フランス
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ46.04cm
  • 横幅38cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ラヴェルの横顔と静物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。