作品概要

裸婦習作(縫い物をするスザンヌ)》は、画家のポール・ゴーギャンによって制作された作品。制作年は1880年から1880年で、ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「裸婦習作」または「縫い物をするスザンヌ」は1880年にパリでポール・ゴーギャンが制作した絵画作品であり、現在コペンハーゲンのニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館のコレクションに収められている。若い女性が裸体のまま衣服を縫っている場面が描かれている。ゴーギャンの作品の中で最も早く評価された作品として有名である。

主題

若い裸体の女性が縫い物をしている場面の描写である。場所は寝室で、女性はきちんとたたまれていないベッドの上に座っており、女性の背景は薄紫色の壁でマンドリン(楽器)とタペストリーで飾られている。モデルの身体は横顔の顔と併せて4分の3遠近法で描かれている。女性の顔が魅力的なのに対して、体はたるんでいて、異常に腰まわりが大きくわざと不恰好に描かれている。

この点から、ゴーギャンの裸婦に対する関心は感じられない。完成された古典美術の女神ヴィーナスとは正反対に、裸婦の自然な姿をありのままに描いているところが当時の批評家にも高く評価されている。アカデミックなそれまでのスタイルとは違った力強い写実主義への賞賛である。

来歴

印象派の展覧会でインパクトを与えたにも関わらず、ゴーギャンはこれを売ることができなかった。妻のメッテは自宅にこれを飾るのを拒否した。それでも、ゴーギャンが家族をコペンハーゲンに残したにあたって、1892年にデンマークの画家テオドール・フィリプスンに売りに出されるまで妻の手によって保管された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名裸婦習作(縫い物をするスザンヌ)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1880年 - 1880年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館 (デンマーク)
  • 種類油彩
  • 高さ114.5cm
  • 横幅79.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 裸婦習作(縫い物をするスザンヌ)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。