作品概要

橋の上の戦い》は、画家のジョルジュ・デ・キリコによって制作された作品。制作年はN/A年から1969年で、ローマ(個人蔵)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《橋の上の戦い》はイタリア人の画家ジョルジュ・デ・キリコによる形而上絵画である。

過去作品の踏襲

新形而上様式が確定した1960年代後半から、かつての物体の断片化に似た、彼自身の絵画の断片化という手法を用いるようになる。この作品をよく見ると、《城への帰還》《オデュッセウスの帰還》《イタリア広場》の3つの絵ないし、バリエーションから合成されたものである。

合成は、それぞれの原画の構成を内と外、前景と遠景等に2分にし、互いの分枝をかみ合わせている。全体としては、デ・キリコ の「形而上室内」の手法に属する作品と見てよい作品である。ただし、この作品においては、その室内の光景が大変特異である。

構成

《橋の上の戦い》というタイトルだが、煉瓦造りの橋の上では、切り絵のようなシルエットがまったく奥行きのない描写で戦闘の場面として描かれている。

このすべてが舞台装置のような希薄な存在感で、対してやや現実感じを与えるのが、その橋の下の水の流れである。しかし、その水も床の上をひろがってゆくというあたりが、虚構然としている。

窓の外の塔が、1970年の《祖父の城への帰還》というオレステスをモチーフにした絵画にも描かれているため、この絵もオレステスの物語をモチーフとしたものかもしれない。

画面左右のS字型の物体は、ギリシアの古代建築の円柱の上部の飾りをとりだしたもので、画面全体を神話化するための記号のようなものとして受けとることができる。デ・キリコの作品になじみの物体である。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ジョルジュ・デ・キリコと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョルジュ・デ・キリコ
  • 作品名橋の上の戦い
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年N/A年 - 1969年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ローマ(個人蔵) (イタリア)
  • 種類油彩
  • 高さ82.5cm
  • 横幅60cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 橋の上の戦いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。