作品概要

サルタンバンクの家族》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1904年から1906年で、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

作品の特徴

本作は、ピカソの「バラ色の時代」(別名「サーカスの時代」)の代表作品である。

この頃彼は、サルタンバンクをテーマにした作品に熱心に取り組み、モントマトレのサーカス劇場に通っていた。

サルタンバンクとは「旅芸人」のことを指す言葉。通常のサーカス団で活動する者とは異なり、路上で大道芸を披露する者であり、芸人の中でも最下層に位置付けされている。

作品には6人のサーカス芸人が描かれており、全員ピカソらしく手に表情がつけられている。道化師の衣装の菱形模様、Vネックが画面に変化をつけ、少年の青い服と肩掛けの赤を対比することで、作品に締まりを出している。

人生の哀愁

6人は集団で行動しているのだが、絵の中で、彼らは誰も目を合わさず、ただ砂漠の海を前に途方に暮れている。大道芸で人々を笑わせることを生業とする彼らが、なぜこのような悲壮感漂う表情をしているのだろう。

芸をすることでわずかな収入を得て旅を続ける彼ら。まさにその日暮らしである。その生活の先には輝く未来や人生の保証はない。そうした生活に不安を感じながら精一杯生きている。

彼らを通して、人生の悲しさ、孤独、貧しさ、放浪といったものを、ピカソは描いている。

1910年にヴィネツィア・ヴィエンナーレに出展されたが、委員会から不適切と判断されブースから外されたというエピソードが残っている。

基本情報・編集情報

  • 画家パブロ・ピカソ
  • 作品名サルタンバンクの家族
  • 制作年1904年-1906年
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー
  • 種類油彩
  • 高さ213cm
  • 横幅230cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • サルタンバンクの家族の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。