作品概要

モロッコでのライオン狩り》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって制作された作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ここでは、ドラクロワは1849年に、一度既に扱った主題に、再び戻っている。

風景

このシーンは、美しい風景を描く状況を、彼に提供する。この美しい風景を通して、彼の自然に対する厳しい気もちを顕わにしている。力強い構造で構成を支配する木々は、左にある岩の部分とのバランスを取るのに役立っている。

そして、この木々は「ヤコブと天使の相撲」に見られる素晴らしいオークの前兆である。さらに、重厚な枝の下に見える散光が、緻密な光の効果を描かせている。

風景描写の技法

森の風景が素晴らしいこの絵画について、ドラクロワは、4月29日に興味深い考えを、いくつか書き留めている。「ここに来て、植生には少し早いものの、木についての原則をより良く理解できるようになってきた。木々は、動物たちと同じように、反射光の中に配置しなければならない。

この同じ原則は、木々に適用したときの方が実用的であるかもしれない。この反射光は、全て反射光のみであってはならない。

終わったら、必要な所を明るくし、明るい所や影の所をリタッチするとき、その移行がよりスムーズになる。葉は、無数の小さな物の集まりではなく、回転する大きな塊として描く必要があるということに気付いた。

しかし、その光の透過度はとても高いので、反射光のトーンは、葉を描くときにはとても大きな役割を担っている。」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名モロッコでのライオン狩り
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • モロッコでのライオン狩りの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。