作品概要

》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって制作された作品。制作年は1848?年から1850?年。

詳細な画像を見る

《花》はウジェーヌ・ドラクロワが描いた水彩画である。彼は、1848年の秋から1850年の春にかけて、花をテーマにした作品を5点制作したのだが、本作は、その中の一つと推察されている。

一つ一つの花は、植物学者の描く図鑑のように丁寧に分析されている。後にオディロン・ルドンが水彩画やパステル画を描く際に、真似た手法である。

セザンヌが愛した絵

この作品は、ポール・セザンヌが所蔵していたことで有名だ。彼は、この作品を大変尊敬し、1900年頃には油絵で模写もしている。偉大な静物画家と称されたセザンヌが、この作品に興味を持ったという事実は、大変意義深いものである。

セザンヌは、ドラクロワがこの傑作に込めた革新的な思いを、しっかり認識していたのだろう。彼は、この作品にみられる大胆な型にはまらない構成と、群を抜いた豊かな色彩を絶賛した。彼は「この画家のパレットは、フランスで最も美しいパレットだ」と称賛している。

作品の特徴

ゼラニウムの赤の濃密さが印象深い絵だ。花々は実に丁寧に緻密に描かれている。

しかし、ドラクロワは、緻密な自然主義的な観察だけでは満足しなかった。彼は、咲き誇る花々すべてを、画面上に魅力的に配置し、それぞれを秩序を持って描いた。まさに理想の庭園を思わせる絵である。

ドラクロワの手紙

彼はテーマも設けずに自然にその発想の源を求め、本作を制作した。これは彼にとって珍しいことである。この作品の制作を記した彼の手紙がある。彼は1849年2月6日に、コンスタン・デュティユーにこんな手紙を送っている。

「私が今仕上げている花の絵のことを気にかけてくれるなんて、君は本当に優しい。私は、今、デザインを決めずに制作を進めているのだ。そして可能な限り、詳細なディテールよりも全体の仕上がりを優先させた。加えて私は、花を描く画家は、皆似たような花瓶で似たような柱や素晴らしいカーテンを背景やコントラストに使う、と決めつけて非難する古い考えを、少し払拭したかったのだ。私は庭園に見受けられるような自然を描いた作品に、いくつか挑戦してみた。ただそれらを同じ枠の中に描くだけ。可能な限り変化に富んだ色々な花を描いた。」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1848?年 - 1850?年
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類水彩
  • 高さ65cm
  • 横幅65cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。