作品概要

ナンシーの戦い》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって制作された作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

時代背景

《ナンシーの戦い》は、1828年9月に、ドラクロワが初めて受けた、公式な受注の成果物である。最終的な主題の決定は、国王、内大臣、市の行政、そしてナンシーの王立科学協会、芸術協会、文学協会と、何度も話し合いを行ったのちとなった。

合意された主題は、1477年1月5日に起きた、ロレーヌの騎士クロード・デ・ボーズモンによって殺された、ブルゴーニュ公シャルル勇胆公の死である。ドラクロワは即座に勉強を始め、全体像と共にたくさんのディテールについても、無数のスケッチや事前調査を行っている。

表現技法

制作途中のこの作品は、ドラクロワがモロッコへ旅行をしている間、ずっと彼のスタジオにあり、彼が戻ってくるまで完成はされなかった。しかし、なんとか1831年中に完成した。

この作品について、何が衝撃的なのかというと、それはドラクロワの中世に対する空想的な偏向よりも、作者がこの戦いの残忍な激動を、大変な熱意をもって詳細に表現したことである。空を切り裂く眩しい稲光の下、雪に覆われた侘しい風景が見える。

作品の技法

背景には青味がかった色合いが使われており、印象派のビジョンをある意味では予測させているようである。ここでは野蛮な乱闘が行われており、ピーター・ポール・ルーベンスの戦いのシーンの過激さを受け継いで、喧々そうそうとした姿態や温かい茶色と赤が、大量に力動している。構成は、中心に空白ともいえそうなスペースがあることによって、大胆に練られている。

そして物語の主人公に目を向けてみると、シャルル勇胆公は、左の端の作品のフレームに消えていく。そこに、彼の政局からの冷酷な抹殺の暗示を、読み解くことができる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名ナンシーの戦い
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ナンシーの戦いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。