作品概要

コンポジションⅤ》は、画家のワシリー・カンディンスキーによって制作された作品。制作年は1911年から1911年で、個人所蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

カンディンスキーは《コンポジションⅤ》を1911年の夏に描き始めたとされている。

本作は190.0 × 275.0㎝の非常に大きなキャンバスに描かれており、この大きさはカンディンスキーの抽象画に対する大志のあらわれである。

抽象画の父

本作は同年12月の第一回「青騎士展」で発表されて大変な評判を博した。後に彼は「あの時以来、抽象芸術の扉が私の目の前で開かれた。」「色彩の中に秘められた色や無意識の持つ可能性の啓示」と回顧している。

カンディンスキーが「あの時以来」と述べるように、1912年、第一回「青騎士展」の次の年から、国際的に多くの芸術家が、抽象表現を用いた絵画を発表する様になった。

本作はカンディンスキーが「抽象画の父」と呼ばれる所以となった作品と言えるだろう。

作品の特徴

本作はヨハネの黙示録の中の「最後の審判」を題材にして描かれたと言われている。

キャンバス右上には、トランペットを奏でる天使が描かれている。キャンバス内を左右に通る黒の強い線は、天使がトランペットで奏でた「音」を描いたと言われている。

キャンバス内には他にも何人かの天使と「音」が多様な太さと方向で描かれており、作品内の「音」の無限性を表現したとされている。

色の厚みによって光の在り処を表現し、死と復活が交錯するカンディンスキーの内面世界が表現されている。天使の存在がキャンバス内に死と復活、そして無限の世界の光を感じさる作品である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ワシリー・カンディンスキー
  • 作品名コンポジションⅤ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1911年 - 1911年
  • 製作国不明
  • 所蔵個人所蔵
  • 種類油絵
  • 高さ275cm
  • 横幅190cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • コンポジションⅤの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。