作品概要

我が子を食らうサトゥルヌス》は、画家のピーデル・パウル・ルーベンスによって描かれた作品。制作年は1636年から1637年で、プラド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

フランシスコ・デ・ゴヤの作品として著名な《我が子を食らうサトゥルヌス》は、ルーベンスによっても描かれている。

神話では子供を次々と飲み込んでいったとされるサトゥルヌスだが、ルーベンス版もゴヤ版も子供を食いちぎっている様子として描かれている。ルーベンスの繊細なタッチと鮮やかな色使いは、ゴヤ版と異なる印象を与えているものの、逆にその明るい色調がサトゥルヌスの異常性と子供の顔との対比を生み出している。

描かれた土星?

本作におけるサトゥルヌスの頭上には、光り輝く3つの星が描かれている。これらは一般的に、2つの衛星を持った土星だと言われることがあるが、実際に衛星が発見されたのはルーベンスの死後であるため、これらは土星ではない。

来歴

本作は、スペイン国王フェリペ4世の館のために描かれたが、現在はゴヤ版と同様に、スペインのプラド美術館に展示されている。

基本情報・編集情報

  • 画家ピーデル・パウル・ルーベンス
  • 作品名我が子を食らうサトゥルヌス
  • 制作年1636年-1637年
  • 製作国フランドル
  • 所蔵プラド美術館 (スペイン)
  • 種類油彩
  • 高さ180cm
  • 横幅87cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 我が子を食らうサトゥルヌスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。