作品概要

女王ヘンリエッタ・マリアと小人ジェフリー・ハドソン》は、画家のアンソニー・ヴァン・ダイクによって制作された作品。制作年は1633年から1633年で、ナショナルギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『女王ヘンリエッタ・マリアと小人ジェフリー・ハドソン』は1633年にアンソニー・ヴァン・ダイクが制作した英国のヘンリエッタ・マリア女王の肖像画である。現在ワシントンにあるナショナルギャラリーに所蔵されている。

1632年にヴァン・ダイクは英国へ招待され、英国国王のチャールズ1世や女王ヘンリエッタ・マリアの宮廷画家として活躍した。ヴァン・ダイクはこの王族や英国貴族からの政治的な要求と願望を美的センスを用いて完全に表現した。ヴァン・ダイクはヘンリエッタ・マリア女王が24歳の時に肖像画を制作した。

そこでは神から授かる支配権的な哲学を元に、平和的な理想とハーモニーを表現した。チャールズ1世は彼の肖像画コレクションだけではなく、宮中の廷臣、大使、外国の統治者への贈り物としてヴァン・ダイクに肖像画を書かせていた。

この優雅な女王の肖像画は伝統的な宮廷内の様子を表現するとともに、政治的な目的をも含んで制作された。ヘンリエッタ・マリアはフランス国王ヘンリ4世の娘で、国王ルイス13世の妹である。ヘンリエッタ・マリアは宮廷内のファッションや慣習に対して強い影響力をもち、イタリア式庭園やヨーロッパのファッションを英国へ紹介した人物として知られる。作品の中で、ヘンリエッタ・マリア女王は狩用の青いサテンのドレスに身を包み、繊細なレースのカラーをしている。

エリザベス女王のフォーマルなひだ襟はそのころにも広く使われていたが、ここでは描かれていない。女王の優雅で上品なポーズと控えめな様子が描かれ、気品と親しみやすさを兼ね備えている。このスタイリッシュなつばの広い黒い帽子と、艶やかなドレスは生命力の響きを感じさせる。

この作品では女王のほかに、14歳のジェフリー・ハドソンとサルが登場し、女王のエンターテイメント性を表している。ここでは若い男の子ジェフリー・ハドソンが女王に仕える完璧な小人として描かれている。ハドソンは女王の信用の置けるアドバイザーで、1642から1651年のイングランド内戦の初期にフランスに亡命した際も同行している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンソニー・ヴァン・ダイク
  • 作品名女王ヘンリエッタ・マリアと小人ジェフリー・ハドソン
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1633年 - 1633年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ナショナルギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ219.1cm
  • 横幅134.8cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 女王ヘンリエッタ・マリアと小人ジェフリー・ハドソンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。