作品概要

大公の聖母》は、画家のラファエロ・サンティによって描かれた作品。制作年は1505年から1505年で、パラティーナ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《大公の聖母》はイタリアルネサンス盛期のラファエロによって描かれた。ラファエロがフィレンツェに到着してすぐに1505年に描かれたとされている。そこで知ることになったレオナド・ダ・ビンチの影響が「スフマート」の手法を通して見受けられる。

この作品の構図はラファエロが描くことになる数々の聖母の原型ともいえる。暗い背景に浮かび上がる聖母と幼子イエスは、明らかにレオナルドに影響を受けたといわれる要素であり、母の胸元と肩にその手を置き、しっかりと見物人を見つめている幼子イエス。聖母マリアはその温もりを感じながら優しい母の表情をしている。聖母子の姿が、優しい情愛に満ちたものであり、いかに完璧に安定感を見る人々に与えるか、まさにラファエロの聖母子像である。

この作品は、描かれてから実に300年近くその存在が美術史上から消えていた。ナポレオン軍がイタリアに攻め入った18世紀末に突然記録上に現れ、名前の由来のトスカーナの大公フェルディナンド3世は1799年のナポレオン侵攻により治世の中断を余儀なくされたが、最中も肌身離さずこの作品を持ち歩くほど愛したことから「大公の聖母」と名づけられた。

が、それまでどこに置かれていたのか、誰の注文により描かれたのかは一切分かっていない。そして、部分的にラファエロの死後、背景の黒とドレスが塗り替えられていたということが近年の調査で判明したが、この作品が若きラファエロの描いた最高傑作の一つであることは変わらない。

基本情報・編集情報

  • 画家ラファエロ・サンティ
  • 作品名大公の聖母
  • 制作年1505年-1505年
  • 製作国不明
  • 所蔵パラティーナ美術館 (イタリア)
  • 種類油彩
  • 高さ84cm
  • 横幅55cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 大公の聖母の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。