作品概要

モルトフォンテーヌの想い出》は、画家のジャン=バティスト・カミーユ・コローによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

霧の画家カミーユ・コローの空想的風景画の代表作。

ヤドリギの実や花を摘もうとしている3人の人物の姿を描いています。抑えられた色調により落ちついた印象を持たせる独特の色彩表現や、青空と湖を背景にどっしりとかまえた巨大な大木の配置には、わたしたちに安心感をもたらしてくれます。そこには、コロー自身の自然を愛する目、あるいはコローが大木を自身に見立てた中での人物たちに対する温かい眼差しが存在しているように思われます。

彼の作品は、当時最も民衆に人気のあった絵画のひとつであり、特に彼の人間味を感じさせるこの絵画は、サロン出展時にも大人気を博しました。なんと、かの皇帝ナポレオン3世の命により国家が買い上げたというエピソードまで残っているので驚きです。いくらで売れたんでしょうね。


基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
  • 作品名モルトフォンテーヌの想い出
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • モルトフォンテーヌの想い出の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。