作品概要

アルノルフィーニ夫妻像》は、画家のヤン・ファン・エイクによって描かれた作品。制作年は1434年から1434年。

詳細な画像を見る

《アルノルフィーニ夫妻像》はファン・エイクによってオーク版に描かれた油絵である、この肖像画はイタリア人の商人ジョヴァンニ・ディ・ニコラ・アルノルフィーニと彼の妻をフランドル町のブルッヘにある家で描いたものと考えられている。

西洋美術で最も創意に富む作品

この作品は美しさ、複雑な構図、幾何学的直交遠近法、鏡の空間投影が含まれており、西洋美術でもっとも創意に富みかつ複雑な絵画とされている。さらに婚約の記録を絵画の形で残した独特の絵画と美術家もいる。

エルンスト・ゴンブリッチは「イタリアでのドナテッロあるいはマサッチオの作品並みに革新的かつ革命的な作品である。現実世界の単なる隅がまるで魔法のように突如、オーク板にえがかれている。美術史において空間認知能力における完璧な観察眼をもった画家は彼が初めてだ。」と述べている。

手法

本絵画には、1434年にファン・エイクによって署名、日付がつけられている。同じファン・エイクは色調や色の強さをもたせた絵画を描くために薄い半透明の艶色の多層を応用する技術を用いた。この鮮やかな色彩は現実主義を強調したり、有形の富や絢爛さを表現するのに効果的である。

ファン・エイクはテンペラと比較して、長い油絵の乾燥時間を利用した。これにより、乾いていない絵具を用いて色を混ぜ微細な光や影の変化を作り出した。そして、三次元の形状をはっきりと表現させることに成功している。

油絵具の中間色により、ファン・エイクは表面を捉えて正確に色合いの違いを表現している。

基本情報・編集情報

  • 画家ヤン・ファン・エイク
  • 作品名アルノルフィーニ夫妻像
  • 制作年1434年-1434年
  • 製作国不明
  • 所蔵不明(ナショナルギャラリー)
  • 種類オーク板、油彩
  • 高さ82cm
  • 横幅60cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • アルノルフィーニ夫妻像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。