作品概要

トランプ詐欺師》は、画家のミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオによって描かれた作品。制作年は1594年から1594年で、キンベルアートミュージアムに所蔵されている。

詳細な画像を見る

「トランプ詐欺師」とは、イタリアバロック式の画家であるカラバッジョによって、1594年頃に描かれた絵画である。カラバッジョが、原作の他にもいくつか複製を残した可能性はもちろんあるが、原作の「トランプ詐欺師」はキンベルアートミュージアムにて、1987年より保管されている。

「トランプ詐欺師」という作品は、カラバッジョにとって重要なマイルストーンとなったといわれている。カラバッジョはこの作品を、ジュゼッペ・チェザリのワークショップを離れ、画家として独立しようとしていた時期に完成させ、ディーラーであるコンスタンチーノとグロテスク画家のプロスペロ・オルシの力を借りながら、自分の作品を売り、生計をたて始めた。

自らの絵を売り始めたのを契機に、カラバッジョはカーディナル・フランチェスコ・デル・モンテ等の、後に大事なパトロンやコレクターとなる人と出会い始めたのであった。

「トランプ詐欺師」には、高そうな服を着飾った少年と、世間離れした風貌の少年がトランプをしているシーンが描かれている。右側に描かれている少年は、いわゆる「トランプ詐欺師」で、余分なカードを自らの背中に忍ばせている。

その横で、悪い顔をした中年の男性が、トランプの対戦相手の手札をこっそり後ろから見て、相手にばれないように「トランプ詐欺師」に手札の中身を手で合図して教えているのだ。この「トランプ詐欺師」という作品は、カラバッジョの他の作品である「女占い師」と並んで、彼の作品の高い評判を世に知らしめることになった。

そのどちらの作品も、日常のリアルなワンシーンを切り取って、細部まで書き込まれている。カラバッジョの高い技術により、中年男性のグローブのしわから、トランプ詐欺師のひそかな微笑みまで、写実的に再現されている作品となっている。

基本情報・編集情報

  • 画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ
  • 作品名トランプ詐欺師
  • 制作年1594年-1594年
  • 製作国不明
  • 所蔵キンベルアートミュージアム
  • 種類油彩
  • 高さ94.2cm
  • 横幅131.2cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • トランプ詐欺師の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。