作品概要

聖ルカ(インディアナポリス)》は、画家のエル・グレコによって制作された作品。制作年は1610?年から1614?年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《聖ルカ》は1610年から1614年頃に作成されたエル・グレコの油絵である。グレコは聖ルカの聖人像を他にも描いているが、こちらはインディアナ州のインディアナポリス美術館に収蔵されているものである。他にスペインのトレド大聖堂に収蔵されている同名の作品もある。

この作品はグレコがその生涯の最晩年に取り組んだ『十二使徒シリーズ』の1枚であるとされる。一方で、聖書ではルカは十二使徒とはされていない。しかしながら『ルカの福音書』や『使徒行伝』を記した者としてキリスト教の様々な宗派でルカは親交の対象となっている。

インディアナポリス美術館では他に『聖シモン』と『聖マタイ』を所蔵しているが、これら3枚の聖人画は、スペインのグアダラハラ県のアルマドロネスという小さな村の教区教会にあった9枚の聖人画と合わせて1つのシリーズとして完結するとみられる。アルマドロネスの教会は20世紀のスペイン市民戦争時に甚大な被害を被り、その際にこれらの絵画は安全な場所に移送されたが、最終的には売りに出されたとされる。

他にグレコ(と工房の弟子たち)が手掛けた『十二使徒シリーズ』はトレドに保管されているものがある。インディアナポリス美術館が所有している『聖シモン』と『聖マタイ』は、トレドのシリーズで描かれている同名の聖人画と描写においてほとんど変化がない。一方で、『聖ルカ』は大きくことなり、トレドの方が正面を向いて手に持っている書籍の開いたページを絵を観る者たちに開き見せているのに対し、本作品では聖ルカは横を向いており、書籍は胸元で閉じている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エル・グレコ
  • 作品名聖ルカ(インディアナポリス)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1610?年 - 1614?年
  • 製作国不明
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油絵
  • 高さ71.8cm
  • 横幅54.9cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖ルカ(インディアナポリス)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。