作品概要

接吻(恋人たち)》は、画家のグスタフ・クリムトによって制作された作品。制作年は1907年から1908年で、ベルヴェデーレ・オーストリア絵画館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《接吻(恋人たち)》は、オーストリアを象徴する画家グスタフ・クリムトが描いた油絵で、金箔を貼った多くの類似作品を描いた彼の「金の時代」の頂点である1907年から1908年の間に描かれた。

アールヌーボー様式とアーツ・アンド・クラフツ運動の影響

完全な正方形のキャンバスには抱き合う男女が描かれ、彼らの体は、直線的な構成である当時のアールヌーボー様式と自然の生命感を感じさせる有機的形態である、初期のアーツ・アンド・クラフツ運動の両方に影響を受けた装飾が施されたローブを身にまとい、入り組んで抱き合っている。

初期モダン時代の最高傑作

本作品は、油絵の具に金箔を何層にも重ねて描かれており、モダン的側面を際だたせているものの、一方では示唆に富む表現を伴っている。

現在、本作品はウィーンのベルヴェデーレ宮殿にあるベルヴェデーレ・オーストリア絵画館に所蔵されており、初期モダン時代の最高傑作とされている。

本作品はユーゲントシュティール?ウィーンアールヌーボー?の象徴的作品であり、また、クリムトの最も有名な絵画とされている。

背景

本作品が描かれた時期は、醜聞となり、またポルノや過度な倒錯の証拠として批判を浴びた三部作のウィーン大学大講堂の天井画を描き上げた直後である。

本作品は彼の芸術に対する反権威主義で反大衆主義な視点から無遠慮な人との印象を与えるものとなった。クリムトは後に「もし、あなたが自らの行為と自らの芸術によって皆を喜ばすことができないなら、少数を喜ばせば良い」と記した。

一方で、本作品《接吻》は熱狂的に賞賛され、すぐにバイヤーが見つかったという皮肉な結末を迎えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家グスタフ・クリムト
  • 作品名接吻(恋人たち)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1907年 - 1908年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵ベルヴェデーレ・オーストリア絵画館 (オーストリア)
  • 種類油絵
  • 高さ180cm
  • 横幅180cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 接吻(恋人たち)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。