作品概要

聖愛と俗愛》は、画家のティツィアーノ・ヴェチェッリオによって制作された作品。制作年は1514年から1514年で、ボルゲーゼ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《聖愛と俗愛》は、《ヴィーナスと花嫁》とも呼ばれており、ベネツィア共和国の十人委員会の一人、ニコロ・アウレリオが若い寡婦ローラ・バガロットとの結婚を祝って依頼したものだとされている。

彼の紋章が、絵の中央にあるサルコファガス(石棺)や噴水にある事から、本作の来歴が推測されているが、白い衣装を着てキューピッドの傍に座り、ヴィーナスに付き添われている花嫁を描写しているのだろう。

解釈

芸術批評家は様々にこの作品を分析、解釈してきている。巧妙な愛と満ち足りた愛、淑女ぶりと愛、賢い処女と愚かな処女、アフロディテ・パンデモスとアフロディテ・ウラニア等がある。

本作品のタイトル自体は不明確で、1693年には《神聖な愛と不敬な愛》として紹介されている。その目録の記録では、批評家は、本作で描かれた2人の女性が新プラトン主義の擬人化だという理論の信憑性を決定的に失わせることはできなかったようだ。

より近年の仮説では、服を着た女性がプルートーの妻プロセルピナで、裸体に近い女性がプロセルピナの母セレースだと力説している。

来歴

この作品は1608年に芸術後援者だったシピオーネ・ボルゲーゼによって買われ、現在はローマにあるボルゲーゼ美術館でボルゲーゼ・コレクションの一つとして所蔵されている。

1899年、ロスチャイルド家が、ボルゲーゼ美術館とボルゲーゼ・コレクションの総価値額360万リラを上回る、400万リラで購入しようとしたが拒まれた。

2000年、本作品は蛍光X線でティツィアーノ・ヴェチェッリオが使用した色素が分析された。鉛白、アズライト、巨匠の名作の黄色と言われる鉛と錫を含んだ黄色、黄土色が確認されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
  • 作品名聖愛と俗愛
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1514年 - 1514年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ボルゲーゼ美術館 (イタリア)
  • 種類油彩画
  • 高さ118cm
  • 横幅279cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖愛と俗愛の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。