作品概要

サルダナパールの死》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって制作された作品。制作年は1827年から1844年で、フィラデルフィア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「サルダナパールの死」はキャンバスに描かれた油彩画で、1827年の作品である。現在はパリのルーブル美術館に展示されている。1844年に描かれたやや小ぶりのレプリカはフィラデルフィア美術館が所蔵している。

この作品の最も主要な特徴は、裸体の女性がひれ伏している金色の像の飾りのついた大きなディバン(背もたれのない平らな長椅子)で、無関心なサルダナパールに慈悲を乞うているところにある。サルダナパールは軍事的な敗北に直面したことを知り、自分の財産や領地を破壊し、自分が生贄になる前に側室たちに自分を殺害するように命じていた。

給仕のターバンや象の装飾など、インドに影響を受けた要素がある。この作品でのドラクロワの目的は、可能な限り非ヨーロッパ的であることとし、オリエント的な印象を与えるものの、まだ主題を完成させたものではなかった。

「サルダナパールの死」はロマン主義時代の作品である。古代ギリシャの歴史家シケリアのディオドロスの歴史叢書の中にある、アッシリア国の最後の王サルダナパールの物語が基になって描かれたものだ。この作品は贅沢で色鮮やかな暖色を幅の広い筆運びで使用している。

イギリスの詩人、ジョージ・ゴードン・バイロンの戯曲「サルダナパール」(1821年)に刺激を受けた作品だ。同様にしてそれは、フランスのロマン派音楽の作曲家であるエクトル・ベルリオーズのカンタータ「サルダナパール」(1830年)や、ハンガリー人ピアニスト・作曲家フランツ・リストのオペラ「サルダナパール」(1845-52年、未完成)にも影響を与えた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名サルダナパールの死
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1827年 - 1844年
  • 製作国フランス
  • 所蔵フィラデルフィア美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ392cm
  • 横幅496cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • サルダナパールの死の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。