作品概要

聖痕を受ける聖フランチェスコ》は、画家のジョット・ディ・ボンドーネによって描かれた作品。制作年は1295年から1300年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『聖痕を受ける聖フランチェスコ』はイタリアの画家ジョット・ディ・ボンドーネが描いたテンペラ画である。この作品はイタリアピサの聖フランシスコ教会にて創作されているが、今はフランスパリのルーブル美術館にて所蔵されている。この絵に署名されている文字はOpus Jocti Florentiniである。

イタリアの画家ジョルジョ・ヴァザーリは自分の作品にて『聖痕を受ける聖フランチェスコ』をピサの聖フランシスコ教会で目撃したことを記載している。絵の創作時間や作家についての論争は存在するが、この作品の作者がジョットであることはほぼ確定されているのである。作成した年代については絵にサインされている文字と時間から推論し、ジョットがスクロヴェーニ礼拝堂にて飾られている諸作品を完了する直前、または完了した直後にて作成したのではないかと推測されている。『聖痕を受ける聖フランチェスコ』がルーブル美術館に所蔵された経緯としえては、チマブーエの作品と同様に、1813年のナポリアンの侵略によってルーブル美術館へと持帰された。

この作品の背景からはジョットが物語を実生活に近い、より現実的な空間にて表現しようとしている努力が見られる。ビザンチンの規則である代表的な背景として、この絵にも山や木が描かれているが、小さな教会と見られる建物も背景にて描かれているのである。それと同時に、フランシスの顔面には強い影が描かれており、表情に強い表現力を与え、顔のボリュームをきちん表現している。

基本情報・編集情報

  • 画家ジョット・ディ・ボンドーネ
  • 作品名聖痕を受ける聖フランチェスコ
  • 制作年1295年-1300年
  • 製作国不明
  • 所蔵ルーヴル美術館
  • 種類テンペラ・板
  • 高さ162cm
  • 横幅312cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖痕を受ける聖フランチェスコの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。