作品概要

牛乳を注ぐ女》は、画家のヨハネス・フェルメールによって描かれた作品。制作年は1657?年から1658?年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《牛乳を注ぐ女》はヨハネス・フェルメールが描いたオランダの風俗画であり、左側の窓から光が差し込む部屋で、若くてたくましい女性がダッチオーブンの一種に牛乳を注いでいる姿が描かれている。

制作年は不明

正確な制作年は不明であり、この作品を所蔵しているアムステルダム国立美術館では1658年頃とされているが、メトロポリタン美術館では1657年か1658年頃、エッセンシャル・フェルメールという研究サイトではさらに範囲が広くなって1658?1661年とされている。

身分の低い使用人

テーブルの上には千切られたパンも置かれているため、一説にはブレッド・プディングを作るところを描いたとも言われている他、この女性はキッチンなどで雑務を行う地位の低い使用人であると考えられている。

フェルメールの時代に使用人の女性といえば、多くのオランダの絵画や文学では男性の欲望の対象、一家の名誉と平和を脅かす危険な存在として描かれていたものの、フェルメール作品では親しみと尊さを感じられる存在として描かれている。

塗りつぶされたオブジェクト

錯覚技法によって女性やテーブルの重量感が表現されている他、インパストという厚塗りやポワンティエという点描技法によってそれぞれの質感も表現されている。実は、この作品には作成途中に塗りつぶされてしまったものが2つあることがわかっている。

1つは女性の背後の壁上部にかけられていた大きな地図であり、もう1つは女性の背後に置かれていた大きな洗濯カゴである。また、アムステルダム国立美術館のホームページではこの作品の高精細な画像を閲覧できる。

基本情報・編集情報

  • 画家ヨハネス・フェルメール
  • 作品名牛乳を注ぐ女
  • 制作年1657?年-1658?年
  • 製作国オランダ
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類カンヴァス、油彩
  • 高さ45.5cm
  • 横幅41cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 牛乳を注ぐ女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。