作品概要

ジョルジュ・クレマンソーの肖像》は、画家のエドゥアール・マネによって描かれた作品。制作年は1879年から1880年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「マネの描いた私の肖像画?ひどいものだよ。私は持っていないし、持っている価値もないと思う。それはルーブルにあるのだが、なぜそこにあるのか理解できない。」これがクレマンソーの晩年のこの作品に対する最後の意見であった。

しかし、クレマンソーの肖像画は様々な画家によって描かれているが、これほどモデルの強さと自信を放出している作品はない。

モデルにポーズを取らせることに苦戦し、おそらくマネは一枚の写真を使っている。その写真は、1876年にウィルヘルム・ベンケが撮影したもので、この政治家はこの作品と同じように腕を組んだ立ち姿で写っている。

マネはその他に、現在はフランス国立図書館にあるマネの家族が所有しいたアルバムの中のクレマンソーの頭部が写っている小さな写真を参考にしたかもしれない。マネは同時期に描いた毛筆画やペン画の捕えどころのない特性をこのキャンバス上でも表現した。

少しの素早い筆さばきと日本風の輪郭線で、マネはクレマンソーの気力、決断力、厳格さとユーモアを表現することに成功した。簡潔で、背景に何も描かれていないこの肖像画は、20世紀には20年早かったが、20世紀の最初の優れた肖像画の一つである。

何人かの批評家の目には、この肖像画の絵画的な力が描写の真実性を圧倒しているように映った。「マネはクレマンソーの肖像画を描くために、モデルではなく、自分のすべてを引き出すことを試みることを決めたのだ。」と1957年にアンドレ・マルローは書いている。

しかし、この肖像画は絵画の近代性のめざましい業績としてのみならず、心理的真実を表した作品と今日では捉えられている。マネの存在がクレマンソーの存在感を消してしまうことはなく、優れた肖像画の制作に欠かせない均衡を作り出すことに成功している。

基本情報・編集情報

  • 画家エドゥアール・マネ
  • 作品名ジョルジュ・クレマンソーの肖像
  • 制作年1879年-1880年
  • 製作国不明
  • 所蔵オルセー美術館
  • 種類油彩 カンヴァス
  • 高さ94cm
  • 横幅73.8cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジョルジュ・クレマンソーの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。