作品概要

睡蓮》は、画家のクロード・モネによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

1880年代終わりから晩年にかけてのモネの作品は、1つのテーマをさまざまな天候や、季節、光線のもとで描く「連作」が中心になりましたが、「睡蓮」もその一部でした。

ジヴェルニーの自宅の庭にある睡蓮の池をモチーフに、1899年から1926年に亡くなるまでの間に全部で200点以上制作されています。

90年代の『睡蓮』には岸に生える柳の木や、池に架かる日本風の橋などのモチーフが描かれていましたが、晩年はモネが白内障を患い失明寸前の状態にあったこともあり、画面は限りなく抽象に近付いています。

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・モネ
  • 作品名睡蓮
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 睡蓮の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。