作品概要

レイタン》は、画家のヤン・マテイコによって描かれた作品。制作年は1864年から1866年で、ワルシャワの王城に所蔵されている。

詳細な画像を見る

レイタン、またはポーランドの倒壊とは1866年に完成したポーランド人画家ヤン・マテイコによる油絵で、1773年の第一次ポーランド分割に対するタデウス・レイタン(右下)の抗議が描かれている。

マテイコの歴史的瞬間

歴史的瞬間を捉えたものであり、当時のポーランドを渦巻く寓話的なこの絵はマテイコの1番有名な作品であり、感情的な抗議者の象徴である。タデウス・レイタンは1773年の不名誉にもポーランド分割議会と知られる議会でポーランド・リトアニア公国の代理人であった。

議会は公国の3つの隣国にあたるロシア帝国、プロイセン、オーストリアによる合法的陣地要求を審理するために招集された、第一次ポーランド分割として知られる議会である。議会は公国での外国勢力の軍隊の存在に脅かされた状態で開かれ、多数の代理人達は国外の外交官から賄賂を受け取っていたり、脅迫されていた。

同年4月21日、レイタンは会議場から参加者が退場するのをドアの前に倒れこみ胸元を肌蹴させて止めようとした。部屋からの退出は議題の完結を意味しており、議題完結は国外の勢力の領地を認めることとなる。

ドラマチックな史実

この絵画はマテイコの作品に常用されるように、実際の歴史を少しだけドラマチックに描かれている。この作品は3度に渡って行われたポーランド分割(1772年、1793年、1795年)の象徴として扱われ、当時の時代の象徴的な人物が複数描かれている。

右側全体に描かれているレイタンのポーズは、しばしばドラクロワの名作《民衆を導く自由の女神》に比べられる。

基本情報・編集情報

  • 画家ヤン・マテイコ
  • 作品名レイタン
  • 制作年1864年-1866年
  • 製作国不明
  • 所蔵ワルシャワの王城
  • 種類油絵
  • 高さ282cm
  • 横幅487cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • レイタンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。