作品概要

魔法の森》は、画家のジャクソン・ポロックによって描かれた作品。制作年は1947年から1947年で、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「魔法の森」はアクション・ペインティングにおける初期の作品であり、1947年に制作された。ポロックは、1947年から「アクション・ペインティング」を本格的に展開した。ポロック独自の技法である「ポーリング」(塗料を注ぎ掛けながら線を描く技法)、「ドリッピング」(塗料を撒き散らして滴らせる技法)、「スプラッタリング」(塗料を粒状に飛び散らす技法)による抽象的表現・構成の成集大成となっている。ポロックは、「オール・オーヴァー」による構成と「ポーリング」の技法を融合させ、「アクション・ペインティング」を確立させた。

「オール・オーヴァー」を用いた作品は平面的であり、遠近法による奥行きはない。作品では、キャンバス全体が均質的な色彩や無数の線にて覆われている。色彩は金色、黒色、白色、赤色に限定され、何層にも重ね塗られている。この色遣いは「錬金術」にも見受けられる。

作品では、キャンバス全体が均質的な色彩や無数の線にて覆われている。(オール・オーヴァー)「オール・オーヴァー」な作品は平面的であり、遠近法による奥行きはない。色彩は金色、黒色、白色、赤色に限定され、何層にも重ね塗られている。この色遣いは、「錬金術」でも見受けられる。キャンバス全体には黒色の動線が広がり、その隙間は白色で塗りつぶされている。

また、動線は途切れることなく連なり、1つの形を成している。波のように押し寄せ、膨れ上がっては萎み、叙情的な動きで描かれている。色遣いや律動的な線により、作品は絶妙なバランスにて表現されている。

ポロックは、「ポーリング」や「ドリッピング」を駆使して、キャンバス全体を均質にしている。「アクション・ペインティング」では、塗料の垂れる位置や量をコントロールしたうえで描かれる。現在、「魔法の森」はソロモン・R・グッゲンハイム美術館(アメリカ・ニューヨーク州)にて展示されている。

基本情報・編集情報

  • 画家ジャクソン・ポロック
  • 作品名魔法の森
  • 制作年1947年-1947年
  • 製作国不明
  • 所蔵ソロモン・R・グッゲンハイム美術館
  • 種類油彩
  • 高さ221.3cm
  • 横幅114.6cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 魔法の森の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。