作品概要

ハールレムの魔女》は、画家のフランス・ハルスによって描かれた作品。制作年は1633年から1635年で、ベルリン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「ハールレムの魔女」はハルスが得意とした当時の風俗画の1作品である。この「Malle」とは「いかれている/狂っている」という意味で、恐らくこの女性はアルコール中毒もしくは精神病者である。

この作品は当時から芸術的評価を得ており、模写されたり後続の画家にも影響を与えた。グスタフ・クールベは、この絵画がミュンヘンで展示された1869年に模写されたと言っている。

描かれている女性は誰かと笑いながらしゃべっており、右手で蓋の開いたビールジョッキを手にしている。左肩にはフクロウがとまっている。服装は1630年代当時ハールレムで一般の人が着ていた質素な物である。表情は活き活きして、どちらかと言うと興奮した様子で描かれている。

ハルスの特徴とも言える奔放な筆使いで描かれており、他の注文によって作製した肖像画と作風は変わらない。左肩にとまっているフクロウから「魔女」との解釈がされていたが、ハルスが多くの題材を酒場から選んで描写した事を考慮すると、オランダの諺「フクロウみたいに酔っぱらっている」象徴と、現在では解釈されている。

ハルスの息子がハールレムの郊外にある施設にいた事から、ハルス自身がこの女性と面識が有ったとされており、ハルスが当時の日常生活に実在した人物を描いたとしても不思議ではない。

基本情報・編集情報

  • 画家フランス・ハルス
  • 作品名ハールレムの魔女
  • 制作年1633年-1635年
  • 製作国不明
  • 所蔵ベルリン美術館
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ75cm
  • 横幅64cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ハールレムの魔女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。