作品概要

陽気な酒飲み》は、画家のフランス・ハルスによって描かれた作品。制作年は1628年から1630年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

この「陽気な酒飲み」は、革のジャーキンを羽織り、襟とそでにレースをのぞかせ、そして柔らかい帽子を斜めにかぶっている男を描いている。描かれた男性は右手を広げて身振りをし、コップ1杯の白ワインを左手に持っている。

彼は一瞬、こちら側、つまり私たち鑑賞者に目を向けその場の会話を止めているかのようだ。首の鎖から大きなメダルがたれさがっているが、オレンジ群の王子モーリスではないかとの説もある。

この時期のオランダ絵画にはしばしば「陽気な酒飲み」、または「陽気な大酒飲み」のテーマが取り上げられており、この作品も恐らく注文を受けた肖像画ではなく、当時の日常生活の断片を表した物であると思われる。

基本情報・編集情報

  • 画家フランス・ハルス
  • 作品名陽気な酒飲み
  • 制作年1628年-1630年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ81cm
  • 横幅66.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 陽気な酒飲みの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。