作品概要

夢見る人》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1932年から1932年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「夢見る人」はシュルレアリスム(超現実主義)の時代の作品であり、1932年に制作された。当時、ピカソはオルガ・コクラヴァ(Olga Khokhlova)と結婚していたが、マリー・テレーズ・ウォルター(Marie-Thérèse Walter)とは親密な関係にあった。

作品では、愛人であるマリー・テレーズが寝ている姿を曲線と鮮やかな濃い色調にて描かれている。曲線での描写により、マリー・テレーズの官能的な肉体が表現されている。マリー・テレーズは、美しいラベンダー色のオダリスクが裸で寝ている姿で表現されている。頬は赤らみ、ブロンドの髪をなびかせながら頭を後ろに傾け、夢うつつである。マリー・テレーズの足は次第に細くなり、上を向いた鳥のくちばしとなっている。

お尻(肛門)から花が生えているが、花は肛門など女性器や性的行為の隠喩であるといわれる。また、作品は1932年以前に制作された女性の肖像画から逸脱し、マリー・テレーズの官能的な体型を簡略化して表現している。これまでにピカソの作品でモデルとなった女性のうち、マリー・テレーズは、最も魅惑的で感覚的なイメージがある。現在、「女の横顔」はメトロポリタン美術館(アメリカ・ニューヨーク州)にて展示されている。

基本情報・編集情報

  • 画家パブロ・ピカソ
  • 作品名夢見る人
  • 制作年1932年-1932年
  • 製作国不明
  • 所蔵メトロポリタン美術館
  • 種類油彩
  • 高さ101.3cm
  • 横幅93.3cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 夢見る人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。