作品概要

ベツレヘムの人口調査》は、画家のピーデル・ブリューゲルによって描かれた作品。制作年は1566年から1566年で、ベルギー王立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「ベツレヘムの人口調査」は1566年に制作された。作品は、新約聖書「ルカによる福音書 第2章1?5節」の皇帝アウグストゥスによる人口調査勅令に、16世紀当時のネーデルランド農村を舞台にローマ皇帝カール5世が行った政治的出来事を加えて描かれている。

「ルカによる福音書」はイエス・キリストの言行を語る一書であり、『そのころ、皇帝アウグストゥスから、全世界の人口調査をせよと勅令が出た。人々はみな、住民登録をする為に、各々の故郷へと帰って行った。それゆえ、ダビデの末裔であるヨセフもガリラヤのナザレを出て、ベツレヘムと呼ばれるユダヤのダビデへと上って行った。身重になっていた許嫁の妻マリヤと共に、登録をする為であった。』と語られている。

キャンバス右下には、ロバに乗ったマリヤとロバをひくヨセフが描かれている。マリヤは聖母マリアの事であり、イエス・キリストを身ごもっている。キャンバス左下には、旅籠の一部にて住民登録の窓口が設けられている。合わせて、家禽による物納も行われている。背景には、雪景色と廃れた城があるが、アムステルダムの塔門が基になっているといわれる。

ブリューゲルは、作品を通して、一般市民のローマ政権に対する批判を表現していると解釈できる。圧制と税金に苦しむ市民の姿を表現しているといわれる。現在、「ベツレヘムの人口調査」はベルギー王立美術館(ベルギー・ブリュッセル)にて展示されている。作品は、1902年、オークションに掛けられた際に、ベルギー王立美術館によって落札された。

基本情報・編集情報

  • 画家ピーデル・ブリューゲル
  • 作品名ベツレヘムの人口調査
  • 制作年1566年-1566年
  • 製作国不明
  • 所蔵ベルギー王立美術館
  • 種類油彩パネル画
  • 高さ116cm
  • 横幅164.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ベツレヘムの人口調査の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。