作品概要

欲望の謎、母よ、母よ、母よ》は、画家のサルバドール・ダリによって描かれた作品。制作年は1929年から1929年で、ピナコテーク・デア・モデルネに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『欲望の謎、母よ、母よ、母よ』は1929年に描かれた作品で、ダリ自身が自分の最も重要な10作品のうちの一つと考えていた。作品のタイトルはダダイスムの創始者1917年のトリスタン・ツァラの詩から引用され、同年に描かれた『大自慰者』の原型と言われている。

3つの大きな穴が空いた曲面体。その中の幾多のくぼみには“ma mere = わたしの母”という文字がいくつも刻まれている。この絵が描かれた頃には母親はすでに亡くなっていたが、母親はダリにとって非常に大きな存在であった。幼くして亡くなった兄へ執着する両親であったが、父親があくまでも自分を通して亡き兄を愛し続けるのに対し、母親はダリを溺愛しどんな悪戯をしても全く叱ることはなかったという。アンバランスな愛情環境に苦しみながらも、母の愛情にすがった子ども時代のダリ。幾多のくぼみは愛着した母を失った欠落感であろう。

曲面体の右上にはライオンの顔、左下にはダリの顔がある。ライオンはダリにとって恐怖の象徴、顔にたかる蟻はダリの実体験に基づいた死を象徴するモチーフである。
曲面体の左奥には抱き合う人間、それを見上げる顔、短刀、再びライオンの顔。これは母の喪失と父との軋轢、そして自己の存在価値の承認に苦しんだダリのエディプスコンプレックスの表現であると言われている。

母の死はダリにを実存の目覚めを促し、芸術で自己の生を追求していきっかけになったのである。

基本情報・編集情報

  • 画家サルバドール・ダリ
  • 作品名欲望の謎、母よ、母よ、母よ
  • 制作年1929年-1929年
  • 製作国不明
  • 所蔵ピナコテーク・デア・モデルネ
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ110cm
  • 横幅150.7cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 欲望の謎、母よ、母よ、母よの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。