作品概要

都会に近づく》は、画家のエドワード・ホッパーによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ニューイングランドやアメリカ中西部、メキシコなどを生涯にわたって精力的に旅したホッパーにとって、「旅」は常に重要なテーマでした。

駅や列車、ガソリンスタンド、モーテルなどを題材とした作品では、旅のイメージを通して人間の孤独が描き出されています。

本作品では、都会に近づいた列車が最後のトンネルに入ろうとする瞬間が、列車に乗りこんだ旅人の視点で描かれています。無機質な都会のビル、そして冷たいコンクリートの壁に囲まれたトンネルに吸い込まれていくのではないか、という田舎から出てきた旅人の不安と、少しの期待織り交じる心象が、ところどころ淀んだ絶妙な色彩に反映されています。


基本情報・編集情報

  • 画家エドワード・ホッパー
  • 作品名都会に近づく
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 都会に近づくの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。